Youth Camp 2022

募集要項

目的

 若きリーダー候補たちにグライダースポーツのさらなる魅力を伝えるとともに、次の世代へとつなげる育成キャンプを開催することで、グライダースポーツの振興・発展に寄与する。

日程

集合日     8 月14 日(日)夕方 :夜にミーティングを実施

キャンプ期間  8 月15 日(月)~19 日(金)

*前後の土日は、SATA 臨時会員としてクラブフライトに参加可能

 

開催コース

単座コースと複座コースに分けて募集します。

  • 両コースとも、応募できる年齢は35 歳以下とします。
  • 社会人になっても長きにわたってグライダーを続けていきたいという意志があり、
  • 将来的に全国各地のグライダークラブにおいて、
  • 若きリーダーとして活躍していく人材を求めます。
  • 感染症対策へのご協力をお願いします。
1)単座コース……6 人程度

参加要件:下記の3条件を満たすこと

  1.  自家用ライセンスを取得していること
  2. 銅章取得 もしくは、単独での2 時間滞空経験があること
  3. AT(航空機曳航)で単独飛行の経験があること
2)複座コース……2 人程度

参加要件:単独で30 分以上の滞空経験があること

 

<注>教育証明取得のためのAT 経験を積みたい方や、競技会での入賞などを目的に自身
の技量向上を図りたい方は、SATA のサマートレーニングコース参加が適切です。

内容

  • ソアリングやXC フライト、ウェザーの読み方などについて事前学習をオンラインで実施(開催までに1、2回を予定)
  • 生涯スポーツとしてグライダーを続けるための目標設定についてワークショップを開催(7月ごろ、オンラインで実施予定)
  • キャンプ期間中は参加者個々のレベルに応じてXC フライトのスキルアップ、知識向上を図るフライトトレーニングを実施。
  • 単座コース参加者も、経験豊富なインストラクターと複座でフライトし、レベルアップを図る機会を適時、設定。
  • モーターグライダーでの実際のアウトランディングフィールドを使ったアウトランディングシミュレーションも実施可能
  • 感染症対策を実施したうえで、たきかわスカイパーク内の宿泊施設に滞在し、夜の時間帯を利用してブリーフィングやディスカッションを実施
  • 天候悪化によるノーフライト時も、ワークショップやセミナーを適宜実施

料金

ユースキャンプの特別会計となります。
詳しくは個別にお問合せください。

過去の実施例:5日間で10 万円程度

申し込み

forms.gle

締め切り: 2022 年5 月29 日(日)
応募者多数の場合は、エントリーシートやオンライン面談の内容を参考に選考します。

問い合わせ先

Soarist 事務局  soarists@gmail.com

主催

滝川スカイスポーツ振興協会(SATA)

協力

Soarist(ソアリスト)
ソアリストは若手グライダーパイロットの育成を目的に集まった有志のチームです。
ユースキャンプは2008 年から9 回の開催実績があります。

 

本事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センタースポーツ振興くじ(toto)助成を受けて実施します。